介護ソフトのASP型とは?

ASP型は、インターネットに接続してソフトを利用するものです。
ASP型の機能は、介護事務に必要な機能のみに絞ったものが多くあります。

 

そのため、コンパクトで操作を覚えやすいのが魅力的です。それから、ASP型は、余分な機能を削っているからこそ、初期費用や月額利用料金、メンテナンス費用などの費用も安く済みます。

 

中でも、初期費用がかからず、月額利用料金のみと言うものがほとんどです。
さらに、ASP型は、様々な情報管理をメーカーが行っています。パソコンが故障してしまって、データが無くなってしまった場合には、メーカーがデータを管理してくれています。

 

一部のデータが無くなってしまうことはあっても、全てのデータが消えると言う事態は防ぐことが出来ます。
さらに、介護保険のシステムが改正された場合にも、バージョンアップは、自動で行われていることがほとんどです。

 

バージョンアップの手間も費用もほとんどなく、手軽に利用できます。
これらのメリットから、ASP型は、中小規模の事業所で利用されているケースが多いようです。
ここまで説明すると、確かに、ASP型は良いところばかりに思えてしまうかも知れませんね。

 

ASP型のデメリット

でも、実は、ASP型にも、デメリットはあります。
ASP型は、インターネットに接続してから、IDやパスワードをログインしてソフトを利用するものです。
インターネットの環境さえあれば、どのパソコンでも作業が出来ます。

 

いつも使っているパソコンが故障してしまった場合、仕事を自宅に持ち帰らなければならない場合などには便利です。
ただ、その分、セキュリティー面での心配があります。

 

最近では、介護ソフトのセキュリティーも向上しているとは言え、絶対に大丈夫とは言い切れないので気を付けたいところですね。

 

ASP型の費用について

まず、ASP型では、インストールの必要はなく、インターネットからメーカーのソフトを利用することになります。

 

そのため、ソフトを導入するための経費などはかからず、初期費用は0円がほとんどです。
ただ、中には、3〜15万円とパッケージソフト・導入型並みの初期費用がかかることもあります。

 

それから、月額費用ですが、居宅介護支援向け、その他事業所向けなどと、介護の種類によって決めているメーカーもあります。
利用人数によって決めているメーカー、サービス事業所の種類数と利用人数を合わせた料金を設定しているメーカーもあります。

 

介護の種類で決めている場合には、2千円〜6万円くらいまでと幅広い月額費用があります。利用人数だと、1人あたり800円前後くらいでしょうか。
そして、サービス事業所種類数と利用人数を合わせたものだと、『サービス事業所種類数×1000円前後+利用人数×500円前後』のものがあります。
サービス事業所種類数による料金には、上限を付けているものもあります。

 

バージョンアップ料金について

また、パッケージソフト・導入型の場合は、バージョンアップ料金が必要でしたね。
でも、ASP型は、インターネットを通じてソフトを利用しているため、バージョンアップが自動的に行われます。

 

そのため、ソフトの利用者が、バージョンアップの手続きを行うことはありません。
バージョンアップ料金は、もちろんかかりません。

 

また、問い合わせなどのサポート料金もかかりません。
サポートは、ほとんどの場合、電話のみで、訪問サポートやリモートサポートなどはありません。

 

機能がシンプルで簡単に利用できるからなのでしょう。
とは言っても、いざ使用してみて、苦戦することもあるかも知れません。
ソフトを購入する前に、無料お試しなどを利用して、実際に使いやすさを体験してみるのがお勧めです。

トップへ戻る